さいたま パート看護師

看護師と結婚!看護師って以外と出会いがなくて婚期を逃す方が多い気がする・・・(>_<)

看護師の仕事をバリバリしている方というのは、独身の方が多いですよね。
その理由がスゴく良く分かります。
看護師というのは、休みも決まっていないし、不規則です。
残業が多いし夜勤もあるので、精神的にも疲れる仕事です。
そのような仕事なので、休みは家でゴロゴロしたいと思ってしまい、出歩く事が少なくなってしまいます。
せっかく友達に誘われても、断ってしまったりして、そんな生活をしているうちに、友達からの誘いも少なくなって、
出会いの場がなくなってしまうんです。

 

たとえ彼ができたとしても、休みが合わなかったりして、看護師の仕事を相当理解してくれる方でなければ、
結婚に至までのお付き合いをするのは、難しいと思います。
看護師http://xn--u9jz52gl1c61hb2d22d83ciw4b5fwzv0c.jp/というと、白衣の天使といわれているだけあって、男性に人気があると思われています。
でも、実際に結婚となると、不安を抱く男性が沢山います。
忙しくバリバリ働いている看護師は、家庭的ではないと思う方が多いんです。

 

でも、看護師は男性並みに、もしかしたら男性以上に稼ぐ事ができる仕事なので、金銭面の苦労がないという理由で、
看護師と結婚したいと思う方もいるかもしれません。
そのような男性だったら、独身でいるほうがいいのかもしれませんが。

 

結婚というのは、タイミングや勢いも大きく関係していると思います。
私は、学生時代から付き合っていた彼と、働き始めて1年ほどで結婚したんですが、それも勢いがあったからなんです。
私の職場には、私よりも年上の独身看護師が沢山います。
出会いを求めている感じもしないし、いつになったら結婚するのかなと思ってしまいます。
看護師をしていれば、生活に困る事がないので、それも婚期を逃してしまう理由なのかもしれません。

がん検診の派遣は覚える事が多すぎてちょっと大変・・・。単発の仕事では覚えきれないと思います・・・。

検診派遣の仕事は、残業がほとんどなくて、仕事内容も楽なので、ママさんナースやブランク看護師に人気がありますよね。
でも、検診の仕事にも種類があるのを知ってますか?
検診の仕事の中には、がん検診の仕事があるんですけど、これはちょっと大変ですよ。
がん検診と一言で言っても、また種類がわかれるんです。
胃がん検診、大腸がん検診、肺がん検診、子宮頸がん検診、乳がん検診などがあって、それぞれの検診によって、
さらに細かく検査内容が違ってくるんです。

 

胃がんの検査には、胃X線検査が必要ですし、大腸がんの検査には、大腸内視鏡検査が必要です。
それに、子宮頸がん検査には細胞診、乳がん検査にはマンモグラフィといった感じに、
検診によって検査内容が全く違うんですよね。
それぞれ手順も違うので、それらを覚えるのはとっても大変なんです。
一般の検診だったら、採血、問診、血圧測定がほとんどなので、難しい事はありませんよね。
だから、ブランクがある看護師でも、すぐに働けるんです。
それに比べると、覚える事が沢山あるがん検診は、単発派遣の仕事では難しいと思いますよ。
こればかりは、経験が必要になるので、場数をこなさないとなかなか覚える事はできませんね。

 

がん検診の派遣をするのであれば、仕事を覚えるまでは、単発ではなく連続して仕事をする事をお勧めしますね。
がん検診の派遣も、一般の派遣と同じように、残業はほとんどないので、一度仕事を覚えてしまえば、
仕事の幅が広がると思うんです。
検診の仕事は、残業を避けたいママさんナースには人気ですよね。
覚えるまでは大変かもしれませんけど、慣れるまで頑張ってみる事で、看護師として働く事の自信にも繋がると思いますよ。

在宅医療では家族の負担が相当大きい。介護には人でも時間もお金も掛かる。高齢化社会の現代は、病気を未然に防ぐ努力も必要になってくる。

新しい老人施設が次々と建っていくのを見ていると、やはり高齢化社会なんだなぁ…とつくづく感じますね(・_・;

 

病院には、高齢者の患者さんが溢れています。

 

高齢者の患者さんが増え、全身状態の悪化しやすい高齢者は、なかなか退院することが出来ず長期入院をしている方も多いですね。

 

急性期の間は病院で入院加療を行いますが、慢性期に入り病状が安定してくると、在宅や老人施設で過ごすことになります。

 

高齢者の場合、急性期を過ぎても、全身状態が回復出来ず、医療や介護を必要とする状態が続くことがあります(´・Д・)」

 

高齢者は、入院により寝たきりの生活が続くと身体機能の低下があったり、認知症が進行したりと、介護がなければ生活出来ない状態になることもあります。

 

また、疾患により完治することが出来ず、医療による治療を必要とすることもあります。

 

そういった場合、在宅に戻ってからも在宅医療を受ける必要があります。

 

患者さんにとっては、慣れ親しんだ自宅での生活は、入院生活に比べると患者さんにとっては有意義な生活になりますよね。

 

しかし、それを支える患者さんの家族は負担が大きいですよね( ;´Д`)

 

家族に介護を必要とする人がいるというのは金銭的にも、労力的にも大変ですね。

 

寝たきりなどであれば、家族がオムツ交換や食事介助が必要になります。

 

痰を吸引したり、褥瘡の処置をしたり、体調不良時の対応など、生活をともにする家族が

 

家族が付ききりで介護出来ない場合、訪問介護やデイサービスを利用しなければいけませんね。

 

また、医療的な処置などが必要な場合は、往診を受けたり、訪問看護を受けなければなりません。

 

必要に応じて在宅酸素療法を行ったり、透析を行ったり、高カロリー輸液による点滴療法、胃瘻や経鼻管による経管栄養を行うこともあります。

 

そういったことで生命を維持していかなければならない状況は、患者さんも患者家族も負担が大きいのです(;´Д`A

 

しかし、高齢者がみんなそういった医療や介護を必要としているわけではありません。

 

中には、大病することなく、長生きしている高齢者もいます。

 

病気にかかるということは、患者さんのADLを大きく変えてしまいます。

 

在宅医療が必要になると、家族の負担は大きくなります( ;´Д`)

 

ですから、現代は病気にかからないための予防が必要ですね。