さいたま パート看護師

一般病院は福利厚生をもっと充実させないと中堅ナースの引き留めは難しいと思います。

看護師は他の職種に比べて、転職が当たり前のように行われています。

 

プライベートに合わせて、職場を変えなくてはならないほど、看護師の仕事はハードでキツイ仕事なんです(;´Д`A

 

看護師の働き方として、常勤として働くことが一番望ましいことだと思います。

 

給与や賞与も、常勤で働くことで安定されますし、有給休暇などもあります。

 

また、社会保険などの加入がありますから、福利厚生の面でも安心ですよねd(^_^o)

 

もちろん、病院側としても常勤ナースを確保することは、病院としてのメリットがあります。

 

しかし、女性の多い看護師は結婚や出産でプライベートの変化がありますから、生涯通して常勤で働くことが難しいですよね。

 

とくに、一般病院で常勤として働くには、夜勤があったり、仕事がハードで残業が多かったり、重症度の高い患者さんが多く、精神的なハードさもあります(´・Д・)」

 

せっかく常勤として働いていても、結婚や出産によって常勤として働くことに無理が出てきます。

 

子供が小さいうちは、保育園に預けても、独身の頃のような働き方はできません。

 

やはり、子供が中心になってきますから、仕事を休まざるを得なかったり、夜勤が出来なかったり、残業が出来なかったり…。

 

そんなことから、離職するママさんナースも多くいるため、病棟には20代から30代の中堅ナースが少なくなりますよね(;´Д`A

 

本当は離職などしたくない、出来ることなら常勤で働きたい、そう思いながらも、離職せざるを得ないナースが沢山いるんです。

 

中堅ナースが働きやすい職場を作るには、病院に院内保育園を作るとか、福利厚生を充実させ、子育てをしながらでも働きやすい職場作りが必要ですよね(^o^)

 

子育てをしやすい環境があれば、ママさんナースも増えて、子育てしながら働きやすい雰囲気ができます。

 

中堅ナースが離職せずに働くことが出来れば、新人ナースなど経験の浅いナースに大きな負担がかかることもなく、中堅ナースがしっかりと指導しながら育てることも出来ます。

 

一般病院で、早くそういった取り組みを行い、中堅ナースの離職を引き留める対策が必要ですね(´・Д・)」