さいたま パート看護師

パートはママさんナースが多い

子育てと仕事の両立は人それぞれ考え方あると思いますが、子どもがある程度大きくなるまでは、どうしてもお世話をしてくれる人が必要となりますし、家事も子どもがいると洗濯、食事、様々なことが増えていくので、フルタイムでの仕事が難しいご家庭はありますよね。

 

私は夫と子ども授かった時に、仕事についてどうやっていくかを話し合いました。

 

夫は、自分の出来ることは、家事だったら洗濯、掃除は何とか出来るけれど、食事は難しく、また自分の裁量で或る程度動けるので、急な子どもの病気や怪我の時に自分も出来る限り協力していける、ということでした。

 

私はなりたくてなった看護師だったので、出来る限り仕事は続けていきたい思いと、でもそれほど体力があるわけではないので、子どもがお腹にいて、この世に生まれて、どうやって成長していくのか、ある程度自分の目で見て、自分の手でお世話をしたい思いがありました。

 

そんなお互いの希望や出来ることを考慮して、産後はパートでしばらく働く、ということになりました。

 

週3回各4時間、保育園に入るまでは実家の親に助けてもらいながら、パート勤務をしました。自分がフルタイムで働いていた時もパート看護師さんは多くいましたが、立場が違うためあまり気にならなかったせいもあるのですが、パート看護師さんは子育て中の方がとても多いです。

 

みなさん、理由は様々なですが、共通するのは、家事・育児と仕事の両立が難しいから出来る範囲での仕事をしていきたい、という思いでした。

 

子どもも常に順調に育っていく、というわけではないので、ママさんナースの多い職場は、お互い様で理解があり、思いやりがあるので、とても働きやすいです。

 

毎日刻々と変わっていく子どもの成長も間近で見たり、ちょっと離れた感じで見たり、実家の両親も楽しんでくれたので、助かりましたよ。